オフィスコーヒー導入でホッと一息|生産率向上大作戦

自販機

本格を手軽に味わう

coffee

オフィスではコーヒーを飲む方も多いように、日本ではコーヒーを消費する機会が多くあります。そのためオフィスコーヒーを導入する事が多く、コーヒー会社やレンタル会社からレンタルします。

Read More

違いを知る

coffee

オフィスコーヒーを導入する際はレギュラーコーヒーマシンとエスプレッソコーヒーマシンの特長を知るべきでしょう。エスプレッソコーヒーマシンではコーヒーが苦手な方でも飲めるカプチーノも注げます。

Read More

無料点検と業者選び

coffee

オフィスコーヒーマシンを導入する時は、マシンの整備をしっかり出来るレンタルを利用してみると良いでしょう。トラブル対応がスムージに行なうことができます。またレンタル業者選びも大切になってきます。

Read More

比較が大事

上質な味わいが楽しめるオフィスコーヒーの通販サイトならこちらです!様々な種類のコーヒーを用意しているのでチェックしてみましょう!

自販機

オフィスでコーヒーを飲む機会は多く、オフィスコーヒーマシンを既に導入している企業も多いことでしょう。オフィスマシンは多くのコーヒー会社から販売やレンタルがされており、夫々のマシンで特徴があります。この特徴を踏まえた上で選ぶことは実は大切で、企業の経皮管理にも影響してきます。例えばオフィスコーヒーマシンを使わずにドリップ式のコーヒーを使うとなると一杯辺り約20円前後の料金がかかるとされています。かりに1日50杯消費されるとすると1000の料金がかかり、1ヶ月では30000のコーヒー代金がかかります。これを安いとするか高いとするかは企業の考え方によって異なるでしょうが、オフィスコーヒーマシンを導入すると料金を半分以下に抑えることができます。一般的なコーヒーマシンを導入してコーヒーを飲むとすると、一杯辺り約9円前後の料金がかかるとされています。1日に50人が飲むとすると1ヶ月では13500円で抑えることができ、ドリップ式よりも安い事になります。各メーカーとも導入した後のランニングコストを如何に安くするか開発しており、最近では更に安く抑えることが出来るようになってきています。

オフィスコーヒーマシンを導入するとコーヒーの料金以外にマシンの電気料金についても考える必要があります。ドリップ式ならお湯を注げば作れますが、コーヒーマシンの場合は常に保温をし、焙煎式ならコーヒー豆を焙煎するために電気を用いて圧力をかけていきます。基本的にコーヒーマシンは電気代が高く、なるべく省エネ対策が施されたコーヒーマシンを選ぶ必要があるでしょう。コーヒーの消費にかかる料金と、維持するために必要な料金をセットで考える必要が有るため、安易に選ぶべきではないと言えます。