オフィスコーヒー導入でホッと一息|生産率向上大作戦

本格を手軽に味わう

coffee

オフィスにおいて息抜きが出来る環境は非常に重要になります。時折休憩室で一息つくことで緊張を解き、生産性を高めることができます。そんな休憩室にあると便利なものがオフィスコーヒーマシンでしょう。日本人のコーヒー消費率は世界の中でも上位にランクインしていて、仕事をしながらでもコーヒーを飲む文化があります。そんなコーヒーを飲むためにドリップしたり、粉を入れて抽出したりする時間は仕事中にとれないという場合もあるでしょう。オフィスコーヒーマシンは常にコーヒーを生成しておけるマシンで、何時でもボタンひとつでコーヒーを注ぐことが出来ます。急なお客さん対応でコーヒーが必要になった時でも、複数人がコーヒーを入れるときでも待ち時間なくコーヒーを用意することが出来る魅力があります。

オフィスコーヒーを導入する時は基本的にレンタルという仕組みを行います。コーヒーマシンの規模にもよりますが、ある程度多い容量を生成でき、備え付けタイプであればレンタル会社やコーヒー製造会社からレンタルすることになり、様々なラインナップがあります。例えば自動販売機の形をした紙コップ式のコーヒーマシンもあれば、豆を焙煎するタイプもあれば、比較的省スペースでコーヒーのみを作ることが出来るマシンもあります。またドリンクシステムのようなコーヒーや水やジュースといった一度に多くの種類の飲み物を提供するタイプもあります。オフィスコーヒーを導入する時はコーヒーマシンを選ぶ必要があり、レンタル料金も変わってきます。レンタルするとなるとコーヒーを選ぶ必要もあるでしょう。コーヒー豆を焙煎するタイプなら本格的なコーヒーを飲むことができ、豆選びも重要になります。レンタル会社がコーヒー会社という場合も多く、レンタルと同時にコーヒー豆の購入もすることができます。セットアップから豆の配達まで依頼でき、定期的に補充することが出来ます。