オフィスコーヒー導入でホッと一息|生産率向上大作戦

違いを知る

coffee

オフィスコーヒーマシンの導入を検討しているならレギュラーコーヒーマシンとエスプレッソコーヒーマシンの違いを知る必要があるでしょう。レギュラーコーヒーマシンとは通常よく飲むコーヒーの事を指します。レギュラーという言葉通り一般的なコーヒーで、ドリップしたものと同じコーヒーになります。豆を焙煎するマシンの場合でも焙煎したコーヒー豆を用いて水を落下させコーヒーとして注ぎます。生本的には中挽きにするのがレギュラーコーヒーになります。一方エスプレッソコーヒーマシンの場合はコーヒー豆を細かく挽き、水蒸気を用いて圧搾します。高い圧力によって短時間で濃いコーヒーを抽出することができ、レギュラーコーヒーよりも苦味が高い特長があります。そのためコーヒー好きはエスプレッソコーヒーを好む傾向があり、苦いため好きではない方もいます。エスプレッソコーヒーマシンはそのままコーヒー飲みを注ぐわけではなく、オプションなどを付けることでミルクやクリームといった苦味を和らげまろやかにする事ができます。ミルクを注げばカフェラテになり、クリームを混ぜればカプチーノになり、甘さとコーヒーの苦味が丁度良いバランスになります。コーヒーが苦手な方でも飲むことが出来るため、利用者の多い場所ではレギュラーコーヒーマシンよりもエスプレッソコーヒーマシンを導入することが多く、オフィスコーヒーマシンをレンタルしている業者でもエスプレッソコーヒーマシンが多い傾向があります。導入の際は社内でコーヒーが苦手な方が居るのか居ないのか確認し、どちらか選ぶといいでしょう。エスプレッソコーヒーマシンの場合はエスプレッソのままでも注ぐことが出来るため1台で多くのユーザーが利用する事ができる魅力があります。